在宅医療のよくあるご質問

在宅医療のよくあるご質問 :
HSクリニックの在宅医療は千葉県で在宅医療・訪問医療・往診をご自宅や施設に医師が訪問して行う医療です。クリニックは本千葉駅徒歩1分です。


在宅医療のよくあるご質問


在宅医療に関するご質問にお答えいたします

Q.「在宅医療」とは何でしょうか?
A.患者様が医療機関(病院・診療所等)に行くことができない場合に医師が自宅や施設に訪問する医療です。ですから、ご自宅にいながら治療を受けられるサービスです。

Q.在宅療養支援診療所とは何でしょうか?
A.毎月定期的に患者様宅に訪問している診療所(クリニック)で、患者様からのお問い合わせなどには24時間対応できる体制を整えている診療所です。当院も、この在宅療養支援診療所の登録をしています。

Q.どんな方が在宅医療を受けられますか?
A.病院へ通院する事が困難な方・寝たきりの方・認知症の方・障害を持った方・末期ガンの方・精神疾患の方・退院後ご自宅での療養を希望をする方などがお受けになれます。

Q.生活保護の方も受けられますか?
A.病院へ通院することが困難な病状であれば、生活保護の方ももちろんお受けになれます。原則として本人負担額はありません。

Q.訪問対応エリアはどこですか?
A.当院から半径約16km以内を原則としております。詳しく訪問エリアのページでご確認下さい。

Q.お薬はどうなるのですか?
A.基本的に、処方箋を発行いたします。発行日より4日以内に調剤薬局でお薬を受け取って下さい。

Q.末期ガンや末期状態でも在宅医療は可能ですか?
A.はい、可能です。
末期ガンでは麻薬を使用した疼痛(とうつう)管理や在宅酸素療法、
在宅での輸血や点滴治療などを行っています。
下記の写真はその一例です。






当院では、患者様とご家族のご意思を十分に確認し、一人ひとりに合った在宅医療の形を一緒に作り、少しでも安心できる医療を提供したいと考えております。